本文へ移動

ZEHへの取り組み

2020年度 ZEH補助金

ZEH支援事業
補助金額   60万円/戸 +蓄電システム補助最大20万円
ZEH+実証事業
補助金額   105万円/戸 +蓄電システム 補助最大20万円
             +燃料電池 補助最大11万円+α
             +Ⅴ2H充電設備 補助最大75万円
ZEH+R強化事業
補助金額   115万円/戸 +蓄電システム 補助最大20万円
ZEH支援事業・ZEH+実証事業と併願可能
先進的再エネ熱等導入支援事業
いずれかを導入した場合に補助
 
 ・CLT               90万円/戸
 ・地中熱ヒートポンプシステム      90万円/戸
 ・PVTシステム           最大90万円/戸
 ・液体集熱式太陽熱利用システム   最大15万円/戸
 
              +蓄電システム 補助最大20万円                  
地域型住宅グリーン化事業
補助金額   最大140万円/戸
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは
 
住宅の高断熱化と、高効率な設備・システムにより、快適な室内環境を保ちながら大幅な省エネを実現し、
その上で再生エネルギー(太陽光発電など)で、年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した
住宅をいいます。
■ZEH   … 一次エネルギー消費量:省エネ基準から▲20%以上
■ZEH+  … 一次エネルギー消費量:省エネ基準から▲25%以上
         ZEHより省エネ化し、電気自動車充電設備などの再生可能エネルギーの自家消費拡大につながる設備を導入した住宅
■ZEH+R  … ZEH+に停電時の対応機能を加えたもので、非常電源・温水機能確保などのレジリエンスを強化した住宅
                                                                                                                                                                 ※レジリエンス:災害対応力
 
 
■ZEHの周知・普及に向けた具体策
 ホームページへの掲載、完成見学会等開催時の広告への掲載。
 見学会等来場者への説明及びアピール。
 その他建築主へ積極的に推奨、提案をしていく。
 
■ZEHのコストダウンに向けた具体策
 住宅設備機器、その他部材の品質・性能等の機能内容を精査し、適切な部材等の選定をし、
 その中から統一化を進めることによりコストダウンに取り組んでいく。
 
■その他の取り組みなど
 省エネルギーに関する法改正等、最新の省エネルギー基準の情報収集に努め、それに合わせ
 住宅設備機器、その他部材についても最新の情報収集をし、選定を進め品質・性能の向上を
 図っていく。
 

ルームクラフトの普及率目標・実績      

平成28年
2016年
平成29年
2017年
平成30年
2018年
平成31年
2019年
令和2年
2020年
目標ZEH受託率
1​0%
2​0%
3​0%
4​0%
5​0%
実績ZEH受託率
 
0​%
0​%
0%
0%
地域型住宅グリーン化事業 ゼロ・エネルギー住宅
受託率
10%
10%
10%
0%
ルームクラフトはZEHビルダー登録しています
TOPへ戻る